自動車保険を比較して保険料を安くする

自動車保険を比較して保険料を安くする

自動車保険 保険料 安く

自動車保険 比較 安く

自動車保険 業者 安く

自動車保険 保険料 比較

自動車保険 保険料 相場

 

自動車保険の会社は沢山あります。
日本企業、外資系、店舗型、通販型など形もさまざまです。どうやって選べばいいのか迷いますね。

 

そんな時はまず自動車保険の補償内容を決めましょう。
保険料は補償内容によってかなり違いますので、これが決まらないとどうにもならないのです。
では自動車保険に詳しくない方のために、補償内容について簡単に説明します。

 

自動車保険は主に事故に対する保険ですから、事故の相手と自分に対する補償がありますね。そしてさらに身体に対する補償と車に対する補償があるのです。
つまり以下のようになります。

 

1・事故相手の身体に対する補償
2・事故相手の車に対する補償

 

3・自分の身体に対する補償
4・自分の車に対する補償

 

というわけです。そしてこれらにはそれぞれ専門的な用語がつけられています。

 

1・事故相手の身体に対する補償:対人賠償
2・事故相手の車に対する補償:対物賠償

 

3・自分の身体に対する補償:人身傷害か搭乗者傷害
4・自分の車に対する補償:車両保険

 

このようになります。どのくらいの補償を設定するかは人それぞれですが、対人補償と対物補償は必ず無制限にしておきましょう。
事故の加害者になった場合、時に億単位の賠償を請求されることもあります。自分を守るためにも無制限がオススメです。
人身傷害と搭乗者傷害の大きな違いは、保険金の計算方法です。自分の怪我に備える保険ですが、最低額の3000万円の補償に加入する人が多いそうです。

 

そして1番問題なのが車両保険です。自分の車が事故で壊れた場合に降りる保険金に関するものですからもちろん加入しておくと安心ではあります。
しかし、車両保険をつけると保険料がかなりアップするので買い替えを検討しているような古い車の場合は車両保険をつけないという方も多いです。
車が新車や外車の場合はつけておくと安心です。

 

自動車保険の補償内容が決まったら、あとは相場を確認しながら契約する保険会社を決めるだけです。
そこでオススメなのが、自動車保険一括見積もりです。
同じ補償内容であれば、保険料が安いほうが嬉しいですよね。

 

一括見積もりをすれば1回の情報入力で複数の保険会社から見積もりが届きますので、簡単に比較ができますよ。

 

自動車保険 保険料 安く